建設業で働くための求人・転職サイト

職人、専門技術者だけでなく、建設会社の事務スタッフなども掲載

Job

求人情報

求人情報

株式会社佐藤建設工業

施工管理

ハイブリッド重機 保有台数日本一!

会社負担で多数の資格取得OK 出勤日に受講が可能!

当社は創業当初からダム、道路、上下水道、 造成工事など、土木工事を中心に、 社会のインフラ整備事業を行ってきました。 「厚い信頼と高い技術で地域づくりのお手伝い」 を合い言葉に誠実で確実な事業展開を行い、 今日では地域の事業者として厚い信頼をいただいています。 よりよい仕事をするために人材育成に重点を置き、 高いレベルの技術者や有資格者を数多く育ててきました。 その結果、業界の中で有数の技術力と設備を誇っております。 また時代の要請に合わせて、最新の重機や車両を導入しています。 高い効率と安全性を確保しつつ、エコや省エネにも実績を積んでいます。 素早い対応、確実な工期、高い技術。 お客様の最大満足をテーマに 「たしかに、はやく、いい仕事」を心がけています。 <研修制度> ◆入社後1週間程度 スタートアップ研修として仕事内容を 総合的に学ぶ基礎研修を行います。(座学) ◆随時(全体および職種別) スキルアップやキャリア開発を目的として、OJTまたはOffJTにて中堅職員研修、リーダーシップ研修、コンプライアンス研修などを実施します。 ◆入社直後・3年目など節目 人事担当者によるキャリア等に関する相談を実施します。 <資格取得支援制度> 土木施工管理技士のみならず会社で必要と認めた資格や講習など、 多数の資格の取得費用を会社負担で受けることができます。 講習も出勤日に受講することが可能です。 <資格> ● 土木施工管理技士 ● コンクリート技士 ● 危険物取扱者 ● 管工事施工管理技士 ● 建設機械施工技士 ● 砕石業務管理者 ● 火薬類取扱保安責任者 <技能> ● 車両系建設機械 ● 小型移動式クレーン ● 玉掛け ● アーク溶接 ● フォークリフト ● 安全衛生管理者など

応募する

募集要項

お仕事No. 施工管理-01
勤務先名 株式会社佐藤建設工業
職種 ダム工事や道路工事の施工管理
仕事内容 ダム工事や道路工事の現場にて、 スムーズな施工ができるように、 工事品質や作業員の安全、作業工程など あらゆる面での管理を担当する施工管理者のお仕事です。 担当現場は造成、上下水道、河川改修、道路工事、砂防工事など。 また予算を立てたり、原価の管理も行い、 施工管理者は工事を進めるうえで欠かせない存在です。 その分やりがいも大きくありますので、大勢の人をまとめることが得意な方や、 これまでも管理監督などの職を経験してきた方などが活躍中です。
勤務地 群馬県渋川市小野子1839-2
交通手段 車通勤可(通勤手当現物支給)
給与 月給20万円~22万円
勤務時間 8:00〜17:00 (現場は群馬県中心のため直行直帰も可能です) 残業時間 月24.6時間程
就労期間 長期雇用
応募資格 普通自動車免許(AT限定不可) PC基本操作(Word/Excel) 入社後に資格取得を目指しスキルアップできる方 ゲーム好きも大歓迎(流行りのアークナイツなど) 資格よりもやる気や向上心が必要です。 今は資格がないという方でも、 入社後や配属後に研修を受け、 働きながらスキルアップが可能となります。 入社後に資格を取得することもでき、 資格取得には、支援制度もあります。 スキルアップしたい方のために、 土木施工管理技士に限らず、 会社で必要と認めた資格や講習など、 さまざまな資格を会社負担で取得することができます。 講習も出勤日に受講することが可能です。 建設は地域の明日を作る素晴らしい仕事です。 興味のある皆さん、ぜひご応募ください。
雇用形態 正社員
待遇 社会保険完備(健康・雇用・労災・厚生年金) 定期健康診断-結果によるフォローアップ 雇用契約(定年退職60歳、再雇用制度65歳) 慶弔・結婚・出産祝い金 建設業退職金共済加入 懇親会や行事(バーベキュー大会、忘年会、新年会、食事会など) 産休、育休、介護休暇制度 通勤手当 住宅手当の支給は単身寮に入寮する方へ ※食費のみの負担で入寮することができます。 資格取得支援制度 <取得可能資格> ● 土木施工管理技士 ● コンクリート技士 ● 危険物取扱者 ● 管工事施工管理技士 ● 建設機械施工技士 ● 砕石業務管理者 ● 火薬類取扱保安責任者 (取得可能技能) ● 車両系建設機械 ● 小型移動式クレーン ● 玉掛け ● アーク溶接 ● フォークリフト ● 安全衛生管理者など
休日休暇 日曜、祝日、他年間休日109日(月平均労働日数21.5日) 夏季休暇、年末年始休暇、年次有給休暇
応募方法 お電話または応募フォームより、お気軽にご応募ください。
面接地 群馬県渋川市小野子1839-2
応募受付担当者 採用担当者 佐藤万理子
応募先電話番号 0279-59-2306

応募する

企業情報

企業名 株式会社佐藤建設工業
住所 渋川市小野子1579
電話番号(代表) 0279-59-2306
事業内容 ICTやハイブリット重機など 重機保有台数県内トップクラス。 当社は創業より50年。ダム、道路、 上下水道、造成工事などの土木工事を中心に、 インフラ整備事業に携わってきました。 国をはじめとする公共工事や、 大型重機を使用した土工事やメガソーラー造成工事など 多数実績を積んでいます。 <主要取引先企業> 関東地方整備局 群馬県 渋川市 前田建設工業株式会社 クリーンエネルギー研究所合同会社 大林道路株式会社 前田道路株式会社 池原工業株式会社 沼田土建株式会社 池下工業株式会社 瑞穂建設株式会社 大和建設株式会社 大成ロテック株式会社
会社HP http://satokensetsukougyou.co.jp
企業のセールスポイント 当社は総務部、土木部、 砕石部門の部署合わせて50名ほどの社員が働いています。 決して大人数の会社ではありませんが、 その仕事は大きくダム、道路、上下水道、造成工事など 比較的大規模な仕事を得意としております。 会社は和気あいあいとした雰囲気です。 皆が先輩後輩問わずコミュニケーションをしっかり取って、 相談し合いながら仕事を進めています。 『ナンバーワンよりオンリーワンを目指す』 建設業はとかく会社の規模が重視されがちです。 しかし大切なのは仕事の実績、人材の質の高さではないでしょうか。 当社は比較的大規模な土木工事を得意としております。 その強みを生かすために、必要な技術やノウハウを磨くこと、 人材を育成することに力を惜しみません。 「佐藤さんなら土木工事だよね」と、 ある一つの強みを認めていただけることが何よりの喜びです。 売り上げや規模でナンバーワンを目指すよりも、 仕事の中身でオンリーワンを目指したいのです。 ~働き方改革も進めます~ 当社は、私がもともと機械好きだということもあって、 最新鋭の大型重機たとえば多量のエネルギーが必要な土木工事において、 燃費削減のためにハイブリッド機を県内最速で導入したり、 ICT(情報通信技術)を搭載した重機を導入するなど 新しい試みを次々と行なっています。 これが引いては業務の効率化や人間の能力の最適化につながり、 働き方の改革へ通じていくと考えています。 「きつい」と評されてきた建設業界も他業種と同様、 残業を減らし休日をしっかり取る流れへと進んでいくでしょう。 当社でもその努力を進めていきます。 建設は地域の明日を作る素晴らしい仕事です。 興味のある皆さん、ぜひ一度当社へ足を運んでみて下さい。
設立 1968年05月 (昭和43年05月)
資本金 3500(万円)
売上高 20億8,300万円(2019年7月実績)
従業員数 45 名
許可番号 建設業許可 群馬県知事許可 特-27 第8821号
管工事許可 群馬県知事許可 般-27 第8821号
ISO 9001 認証取得 登録番号 MSA-QS-1706(工事部門)
ISO 14001 認証取得 登録番号 C0301490-EM2-C0301496
群馬県採石登録 第490号

メッセージ 

佐藤建設工業で働くこと。 その意味とやりがい。

『たしかな仕事を ひとつひとつ』 佐藤建設工業は1968年、総合建設業として私が25歳の時に創業いたしました。 会社は今年50周年を迎えます。 群馬県に創業し、地域に根ざして50周年を迎えられるということは、 一つ一つの仕事に実直に誠実に取り組み、 地域のお客様に愛していただいた結果と感謝しております。 『ナンバーワンよりオンリーワンを目指す』 建設業はとかく会社の規模が重視されがちです。 しかし大切なのは仕事の実績、人材の質の高さではないでしょうか。 当社は比較的大規模な土木工事を得意としております。 その強みを生かすために必要な技術やノウハウを磨くこと、 人材を育成することに力を惜しみません。 「佐藤さんなら土木工事だよね」と、 ある一つの強みを認めていただけることが何よりの喜びです。 売り上げや規模でナンバーワンを目指すよりも、 仕事の中身でオンリーワンを目指したいのです。 ~働き方改革も進めます~ 当社は、私がもともと機械好きだということもあって、 最新鋭の大型重機たとえば多量のエネルギーが必要な土木工事において 燃費削減のためにハイブリッド機を県内最速で導入したり、 ICT(情報通信技術)を搭載した重機を導入するなど 新しい試みを次々と行なっています。 これが引いては業務の効率化や人間の能力の最適化につながり、 働き方の改革へ通じていくと考えています。 「きつい」と評されてきた建設業界も他業種と同様、 残業を減らし休日をしっかり取る流れへと進んでいくでしょう。 当社でもその努力を進めていきます。 建設は地域の明日を作る素晴らしい仕事です。 興味のある皆さん、ぜひ一度当社へ足を運んでみて下さい。

会社の特徴

エコ ~全国でトップクラスのハイブリッド重機導入実績~

<多量のエネルギーが必要な土木工事> 土木工事は多量のエネルギーが必要です。 ブルドーザ、スクレーバ、バックホー、 ダンプトラックなど、各種の土木機械が活躍することで、 効率を高めコスト削減につながっています。 一方でこれら重機は多量の燃料を消費します。 ダムや橋梁建設、町づくりなど社会を便利にする工事には、 たくさんのエネルギーが必要なのです。 <燃費削減のためにハイブリッド機を導入> 当社では生産性を追求する一方で、 エネルギー削減を図るために最新のハイブリッド重機を多数導入しています。 ハイブリッド機は、従来は熱になって捨てられていた旋回や 減速時のエネルギーを、モーターで発電してバッテリーに蓄え、 旋回時に利用します。 これはハイブリッド車の回収ブレーキと同様の仕組みです。 <導入実績は全国で一番> コマツが世界で最初に市場投入したハイブリッド油圧ショベルを、 平成22年度に県内最初に導入。 運用研究を見当した上で、以後次々と新型ハイブリッド機を取り入れ、 導入実績では全国のトップとなっています。 (「ハイブリッド油圧ショベル保有台数」国内一) これにより、大幅な燃費の向上を達成。CO2削減にも大きく貢献しています。 こうした当社のエコ施行は、メディアなどでも大きく取り上げられています。